Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-11|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨夜、カルガリーの女子フィギュアスケート世界選手権のショートプログラムがあった。男子は、すでに終了。織田がSPまで2位につけたのに、また、規定外のジャンプを入れてしまい4位に終わったことは、報道されている。トリノの高橋もアレだが、織田も大事なところでついついやらかしてしまう。とはいっても、次のオリンピックの出場枠2をとれたのは大きい。
さて、女子である。正直な話、注目度は昔から圧倒的に女子。まあ日本では、トリノ五輪選考の頃からやけに白熱していたので、TV中継は、フジTVがゴールデンにやるわけだよ。絶対視聴率取れるわ。
で、まあ結果からいうと、サーシャ・コーエンの演技のレベルは、異常だわ。当然のごとくSP1位。ミスも、最初のジャンプで軽く両足で着氷しただけ。そんなことも問題にならないくらいにスピーディかつしなやかな演技。体操選手出身だけあって、スパイラルもスピンもジャンプも難度も高くかつ実に滑らか。予選5位スタートなのに、2位の村主に約4点の差をつけてのトップ。この人はフリーが問題(トリノでの失敗は記憶に新しい)なのだが、1ミスくらいでは、簡単に取り返せそうなので、本命でしょうね。もっとも、それ以上やらかしてしまうので、いつも銀メダルなのだが。
村主は、序盤の3回転ジャンプの着氷に失敗したものの、あとはノーミスだけじゃなく、スピードにのり、非常に情熱的な演技。得意のスピンは、本当に素晴らしい。
だが、私がイイと思ったのは、4位の中野友加里。去年の全日本選手権の時よりも、スピードに乗ったキレのあるいい演技。どの技もキレていたが、ジャンプの着氷は、コーエンの次に美しく決まっていた。まるで黒猫のように、敏捷でしなやか、かつ、隙あらば爪で攻撃といった感じ。プログラムの点が辛くて4位になったが、自己最高得点は上出来。明日も見たいと思わせる演技だった。
失礼なことに、恩田美栄を忘れていた。TVスタジオにいる、荒川静香の代わりに急遽出場したわりには、いい演技だったが。だが、中野、村主を見た後に振り返ると、ちょっとドタバタした感じがあった。点数にも出ちゃった感じ。妻は、
「恩田太った......?。」
まあ今回は仕方ない。荒川がドタキャンしちゃったのだから。もっとも、あれだけ出ずっぱりだと、世界選手権なんか出られないよな...。すでに金メダル頂いちゃったし。
というわけで、明日が楽しみだ。
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://turnthepage.blog9.fc2.com/tb.php/216-49ce33a0

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。