Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドン・キホーテが放火で全焼してしまい、3人が亡くなった。その3人も、一旦逃げたが、逃げ遅れたお客様がいないか再度店内に入って遭難したそうだ。謹んで、ご冥福を申し上げる。
お客様には、死傷者はでなかったのは幸いだったが、例の圧迫陳列のため、通路に所狭しとおかれた商品につまずいたり、陳列が高すぎて迷路みたくなっていて、逃げづらかったようである。深夜でお客様が少なかったのは、まさに”幸い”だった。
あとで、”消防署は、何で指導を徹底させなかったのか?。普段買い物などに行ってきがつかなかったのか?”なんて意見をFMで聴いたが、
答え
「指導しても、圧迫陳列が会社の方針のため、全く聞かない。」
そもそも消防の指導に耳を傾けていたら、あんなジャングルに迷い込んだかのような、”圧迫陳列”なんかしない。スーパーの中にも、ああいう陳列しているところはあるが、うちの会社では、陳列の際には、通路の確保が大前提になっており、マニュアルにもある。考え方としては、買いまわりの際に、通路の真ん中に島陳列で、お客様の足を止めて”買わせる”より、自由に動いてもらって、”お買い上げいただく”というものである。
圧迫陳列は、限られたスペースで色々陳列でき、お客様が、足を動かさなくても、さまざまなものを買えるという利点があるが、やりすぎて、どこに、何があるのかわかりづらいし、そもそも、通路にもあふれんばかりに商品を置いているので、店内を歩き回ること自体が困難である、という欠点もある。
この事は、まさに災害時の避難には、重大な問題である。災害は、何時起こるかわからないが、逆に、何時起こるんだ?、というのもある。起きなければ、売り上げも上がるし、万事OKでしょうというのもある。
だが、数年前の歌舞伎町(?)でのビル火災では、非常階段に物を置いていたために、避難が困難となるなど、消防署の指導を無視したことから、多数の死傷者がでた。
また、20数年前の、ホテルニュージャパンの火災事故では、売り上げ優先し、増築につぐ増築を重ね、ホテル内が迷路のようになり、諸経費削減のためスプリンクラーや非常灯などの不備から、大惨事を引き起こしてしまった。
”現在”にばかり目を向けていると、”過去”の事に目を向けないことが多いが、消防法は、過去の事例から出来ている物も多い。もちろん、?ということもあるが、守ってこそのものであることは、言うまでも無い。
一時の繁栄も、不注意から、全て水の泡である。経営者は、損得より、善悪である。
スポンサーサイト


Comments

Blog楽しませていただきました☆
今度ぶろぱら- Blog Rank Pparadise -ってサイトを立ち上げました(>ω<)ノ
本公開に向けて、登録サイトを大募集中です☆
登録数の少ない今のうちが狙い目なので是非是非ご参加下さい☆★☆
(まだまだ工事中なのですが…^_^;)

http://r-capybara-blog.com/?tt


Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://turnthepage.blog9.fc2.com/tb.php/159-337758e2

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。