Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-11|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12月8日といえば、真珠湾攻撃の日だ。ところが、真珠湾と聞いて、
「真珠湾って......兵庫県辺り........!?。」
とかほざく香具師がでてきやがった。某新聞の記事だがな。最近、学校の授業で現代史は、適当に流す感じだからかな!?。私の学校もそうだったよ。そうそう、真珠湾は.....アメリカ合衆国の、ハワイにありますから.....残念!!。
ということは、まさか、アメリカと戦争していた事も知らない......なんてことはないよな....?。エミネムとかグリーンデイとか聴いている場合ではないぞ。
それはさておき、子育てについて、少し話をしよう。旧海軍に、高橋赫一(かくいち)というパイロットがいた。彼は、真珠湾攻撃の第一次攻撃隊の艦上爆撃機隊の隊長であり、攻撃の際には、真っ先に突撃した男である。出撃直前にその彼に、待望の男の子が生まれた。他の子は女の子なので、うれしくてたまらない様子。
真珠湾攻撃は、史実の通りに成功し、高橋も無事翌年2月頃日本に帰還した。その後、休暇が出て自宅に戻った彼がまずしたことは、生まれたばかりの赤ん坊を抱いて散歩に出掛けたことだった。とにかくうれしくてたまらない。そこいらじゅうに見せびらかして歩いた。
ところが、この行動が、後に大変な災いを呼び込んでしまう。その日は、大変寒い日で、生まれて数ヶ月の赤ん坊を連れて歩けるような天候ではなく、その日の夜に、赤ん坊は高熱を発してしまった。肺炎(?)まで併発している様子。あわてて、彼は医者を呼んだのであるが、その医者は、高橋にこう告げた。
「この病気に効く特効薬があるのだが、海軍の基地からまわしてもらえないだろうか?。」

特効薬は、当時大変な値段だったが、海軍には常備してあったようだ。”真珠湾の英雄”の高橋が頼み込めば、魔法をかけたように、おのずと手に入るかもしれない。しかし、彼は、骨の髄まで軍人だった。悲しいことに.......。
「陛下の軍隊のための薬を、私することはできない。」
そして、手術が必要になり、輸血する必要があったが、それに対しても、
「私の体は、陛下に捧げたものであり、勝手にすることはできない。」
と、拒否したのである。
結局、輸血は、妻がしたようであるのだが、結局、長男は、甲斐なく亡くなってしまった。
高橋は、通夜の際、ずっと夜通し亡骸のそばでじっと座っていたそうだ。その姿は、実に痛々しいものだったと思われる。自分が連れまわしたおかげで、息子を病気にし、”陛下の軍人”だったために、むざむざ、助かる命を落としてしまったのだから。
その後、高橋は、息子の後を追うように、昭和17年5月の珊瑚海海戦に出撃して、戦死してしまった。
現代では、高橋の行為は、確実に問題である。が、しかし、この事は、現代の感覚では論じられることではない。ただ、親の軽率な行動が、あらぬ災いを呼んでしまったのは事実である。まだ、1歳8ヶ月の息子を持つ私にとって、他人ごとではない。
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://turnthepage.blog9.fc2.com/tb.php/158-7ac45d32

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。