Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-11|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回、中島みゆき氏の”ファイト”がパクられた話を書き込んだが、実は、私は、中島みゆき氏について、厨房の頃からのファンである。発端は、まあ”中島みゆきのオールナイト・ニッポン”という、おバカ番組深夜ラジオ番組から来ている。あれは、実に愉快な番組だったのだが、本業の歌は、打って変わって”恨み節”って言うくらい、振られた女の怨念がこもった歌詞の曲(例えば、”うらみ・ます”とか”化粧”とか)が多かったりする。だが、優れた楽曲と多彩なアレンジ、時に熱く、時に叙情的な歌唱にやられてしまったのである(あんなに、楽しげに、”地上の星”を歌う人だとは思わなかったが。)
だが、彼女のアルバムで、ちょっと聴くのをためらうものがある。それは、1980年発表の、
「生きていてもいいですか」と言うアルバムである。実際、”うらみ・ます”(これも好きではない)、”エレーン”といった名曲が収録された”恨み節のみゆき”を印象付けた”名盤”といったアルバムである。
だが、最後の収録曲”異国”の「百年しても、私は死ねない」といった異様なまでの怨念の深い歌詞と、ソレを増幅する、己の人生をのろうかのような歌唱と、アコースティックギター一本のシンプルなアレンジが、実におどろおどろしい。真っ暗闇の部屋や、夜の山の中(特に近隣に廃村があるとなお....)で聴くと、思わず発狂してしまいそうである。
最近は、勇壮な”地上の星”や”銀の龍の背に乗って”といった曲が売れているが、間違いなく、その対極にある曲である。出勤途中の車内で”地上の星”を聴くと、
「おお、今日もやるか!」
って気になるが、”異国”を聴いた日には、そのまま、富士の樹海に直行である。
最近の、彼女の曲を聴いて、他のも.....という人がいたら、コレだけは、止めた方がいい。たとえ、超名曲”エレーン”(大好きな曲だが、コレも、ちょっと.....)が、あったとしても。
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://turnthepage.blog9.fc2.com/tb.php/15-8d4b3360

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。