Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は、歯医者の日。もともと歯の悪い私は、姉が歯科技工士であるくらい(明日までだが...)、歯医者に縁がある。
9時頃、歯医者に出掛け、受付にいた姉に、「今日は、何やるの?。」
最近行き過ぎて、もう、治療というか、レストランで食い物を注文する感覚。
「今日は、歯を抜くから。」
こちらも、”歯を抜く”大事業をこともなげに言う。しかも、左下の親知らず!!。
そういえば前回来た時に、そんな話をされた気がする。移動中、ヤな予感がしたんだよな。
でも、ここんちは、センセの腕がいいし、麻酔を湯水のごとく使うので、実際痛いのは、最初の麻酔の注射だけだったりする。
診察室に案内され、しばらく待つ。前回親知らずを抜いた時、痛み&腫れ知らずだったので、かなりリラックス状態。
10分後、麻酔を2、3箇所に打つ。その後、また数箇所にうつ.....が、心なしか麻酔の効きが悪いような.....。いつもなら、下あごのあたりまでしたたかに痺れるのだが、今日は、ソノ感覚が薄い。
15分くらい経ってから、自分の治療が始まった。まず、準備として歯を削る。キュイーンっと機械がうなり口の中へ。
「ん!?い、痛い!?」何か変だ。いつもなら、痛み知らずなのだが、今日は、鈍く痛みがある。麻酔は、効いてるようだが、効きがやっぱり鈍いようだ。
痛みを訴えると、センセ、すかさず麻酔を大量注射。少し様子をみる。
10分ほどして、再開。今度は、痛みもよく押さえられている。ホッと胸をなでおろす。治療は、順調に進んでいくかと思いきや、抜くのに手間取ってるようである。それもそのはず、私の親知らずは、横に寝転がっていてちょっと大変な位置にあるのだ。削り、器具を使って動かしの繰り返す事...数十分後、やっと抜けた。
「これで、ようやく、治療の山を越えた」
センセは、そうの給わった。
え、まだやんの?。もう姉貴も辞めることだし、終わりにしたいが、「まだ、細かい虫歯が残ってる」んだそうです。
かくして、私の歯医者ライフは、続くのであった.......。
スポンサーサイト


Comments

Post a Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

http://turnthepage.blog9.fc2.com/tb.php/117-5a6c5701

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。