Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2006-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本ハムファイターズが、シーズン1位通過!。あの状況だと、ライオンズのほうに分があっただけに、まさかと思った。
だって、日ハムのほう、ソフトバンクとの3連戦が最後にあるんでは.....ね。

新庄ラストイヤーをシリーズ制覇で飾れるか!?。

でも、アレですね。アドバンテージの1勝のためだけに、レギュラーシーズン全て費やすというのも何だかな.......。
スポンサーサイト


この訴訟を起こした先生方に質問なのですが....

みなさんの愛車には、日の丸ステッカーなんかついてませんよね?。

みなさんは、日の丸弁当なんか食べませんよね?。そうそう、そうでなくても、ゴハンの真ん中に梅干があるのも、無理ですよね。国旗を連想しますよね。

もし、私が同僚の先生だとして、聞いて欲しいのですが、国旗と国歌を尊重したいのに、あなた方は、国旗を引き摺り下ろしたり、国歌斉唱のとき、着席し、国歌を歌わなかった。それによって、私は、非常に精神的苦痛を受けた、として、裁判をおこしたら、どう思いますか?。


で、ところで、皆さんは、都立高校の先生ではないのでしょうか?。
いったい、誰が給料はらっているのでしょうかね?。

もし、指導要綱に納得できないのなら.....教員を辞めて、政治家になってみたらどうですか?。都政に直接参加して、訴えてみてはいかがでしょうか?。
もしくは、自分で、学校を作って、教育されては?。

今のあなた方は、都の教職員でしょう?。

More »



先日、「日の丸・君が代の強制は、違憲。」という判決が出されました。

確かに、強制というのは、天皇陛下のご意見の通り、如何なものかとは思うのですが......。

とはいっても、国旗、国歌を尊重しないというのは、どういうことなんでしょうか?。


判決によると、

『都教委の指導は「教育の自主性を侵害するうえ、教職員に対し一方的な理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しい」とし、教育基本法一〇条一項の「不当な支配」に該当する違法なものだと判断。「日の丸・君が代」が「皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱」として用いられてきたことは「歴史的事実」と指摘し、懲戒処分までして起立・斉唱させることは思想・良心の自由を侵害するとのべ、違憲判断を示しました。』

そもそも、国旗、国歌というのは、日本と言う国の象徴であります。それは、「皇国思想や軍国主義思想の精神的支柱」とか言う以前の問題としてあるべきであって、国内的にも、国際的にも、日本を示す記号のようなものと解釈されるべきでかと思います。

旗や歌そのものが戦争をしたり、侵略をするわけではない。あくまでも、人間が行ったものである。もし、そうなら、ジャイアンみたいですね。


もし、そういった事から、日本の国旗、国歌を尊重しないなんてことをいっていたら、まず、主要国の国旗なんて掲げられない。というか、もし、掲揚されていたら、それ、引きずり下ろすのですか?

アメリカが、ベトナムやイラクでやったこと、ご存知ですよね。
イギリスやフランスが、アジアやアフリカで行ったこと、ご存知ですよね。
中国が、チベットで行ったことや天安門事件、ご存知ですよね。もちろん、文化大革命のことは、ご存知ですよね。
旧ソ連が、大戦後やったことご存知ですよね。今は、国は崩壊しましたが。

もし、過去の歴史上の問題が、国旗と国歌にあるとあるとするならば、国旗を引き摺り下ろしたり、国歌斉唱の際、起立せず、国歌を歌わなければ、それで、OKという、非常に安易な考えでいて欲しくないです。そういった、国際的な責任ということにたいして、その旗、国歌とともに、責任を負ってほしい。


この訴訟を引き起こした、先生方の、自分の考えを貫きとおすという気持ちは、尊重されてもいいと思うが、あまりにも、純真すぎないでしょうか?。


過去の侵略行為は、国旗、国歌を変えれば済む問題ではない。

More »



タイのクーデターを首謀した国軍のソンティ陸軍司令官は20日午前9時(日本時間同11時)すぎから国民に向けてテレビで演説し、現憲法を停止、タイ全土に戒厳令を敷き、実権を掌握したと発表した。司令官ら国軍首脳はこれに先立ち同日未明、プミポン国王に謁見(えっけん)し、ソンティ司令官がタクシン首相に代わる暫定首相に就任したことを明らかにした。国軍首脳は暫定的な短期政権だと強調している。【毎日新聞】

タイの各テレビが発表した王令によりますと、今回クーデターを指揮した陸軍のソンティ司令官が、「統治改革評議会」のリーダーに正式に任命されたとしています。また王令は、「すべての国民は平和を保ち、公務員は今後、ソンティ司令官の命令に従うよう」求めています。ソンティ司令官は、これより先の記者会見で、今後2週間以内に憲法の草案を作って新たな首相を選出し、1年以内に総選挙を行う方針を示しており、この王令によって、ソンティ司令官率いる評議会が国の実権を掌握したことが正式に認められたことになります。一方、イギリスの首相官邸のスポークスマンは、ニューヨークに滞在していたタクシン首相が親族の暮らすロンドンに向かっていることを明らかにしました。タクシン首相は日本時間の21日午前1時にロンドンの空港に到着する予定ですが、スポークスマンは、首相の訪問は「あくまで私的なものだ」としています。また、タイの通信社は、タクシン首相が移動中に、「国のために仕事をしたいが、求められていないのならしかたがない」と、クーデター後初めて発言したと伝えました。【NHKニュース】


案の定、タイのクーデターは、成功裏に終わりそう。国王が、承認しちゃったわけでしょう。この国って、国王の存在は、絶対なわけだし。そうといえなくも、国民全員から絶大な支持を受けているわけだしね。
というか、最初から静かなもの。15年前のクーデターは、軍が、市民団体に発砲してて、大変な騒ぎになり、国王が仲裁に入って解決したんですよね。それと比べれば......ね。戦車と記念撮影している輩もいるぐらいだから。

でも、驚くほど、政権側の抵抗ってなかった気がしますね。まあ、民心が、「1月の首相一族による巨額株売却事件」で、かなり離れており、デモとか起こっていた気がします。肝心のタクシン首相本人がニューヨークだったし。結局、ロンドン亡命で落ち着きそう。

ところで、タイって、意外に物騒な国で、1932年に立憲君主制(これもクーデターによる)になってから、計20回も起こっているんですね。NHKのニュースを見ていたら、岡崎久彦氏が、

「いかにもタイ的な政権交代ですね.....。」

と、のんきなことを言っていたが、なんとなく、昭和初期の日本を思い出してしまった。






More »



・TVなどのメディアは掌握。

・陸・海・空の3軍を掌握するプミポン国王に、クーデター側が会見している。クーデター指導者は、国王側近の部下であることから、国王の承認があるのか?。

・バンコク市内は、戒厳令。比較的平穏か?。市内主要部に戦車隊を含む部隊が駐屯。

・軍内部は、親タクシン派と反タクシン派に分かれているが、親タクシン派は、人事異動でほぼ解体状態。とりあえず今は、軍内部での衝突は起こってない。

・在留邦人は約3万人。外務省は、当面、外出を控えるように、とあった。



朝、起きてTV着けると、

タイで、クーデターよ!!


いまどき、クーデターなんてする国あるのか!?.......。ニュース見てびっくりしたよ。

”【バンコク浦松丈二】国連総会出席のためニューヨークに滞在しているタイのタクシン首相はタイ時間の19日午後10時(日本時間20日午前0時)すぎから、タイ国内のテレビを通じ、非常事態宣言を発表した。しかし、首相に反対する部隊は首相府やテレビ局を占拠し、バンコク市内の制圧を発表した。
 タクシン首相は、国軍トップのソンティ最高司令官を解任し、前最高司令官のルアンロー国防次官に治安維持権限を委託した。タイ国軍は公式の発表をしていないが、同日夜からバンコク各地に軍が出動し、厳戒態勢を敷いている。【毎日新聞】”


記事によると、タクシン首相、クーデター中なのに、現地時間19日、急遽帰国する準備を進めているとか言ってます。ていうか、大丈夫なの?。八つ裂きにされないかな.....。

昨日は、小泉首相たちと、”人生を楽しむ党”を結成だ!!なんて、ヨタ飛ばしていたのに.....。








最近、福岡のあの事故から、飲酒運転による事故が大きくクローズアップされております。
普通の会社員はもちろんの事、公務員や先生、はたまた警察官までもがやらかしているというのは、いったいどういうことでしょうか?。


私の地元は、公共の交通機関があるにはあるのですが、山間部も多く、あんまり恩恵を受けられません。
よって、通勤、買い物に自家用車は、不可欠。当然、飲みに行くのにも.....です。
また、私の職場だと、大抵の店が、遠距離かつ郊外。公共の交通機関を使うには、不便な土地柄。歓送迎会だ!!というと.....大概、自分の車でのみに行きます。

当然、飲み屋には、広い駐車場が完備されてます。


まだ、飲酒運転の罰則規定がゆるかった頃、私の会社では、どこの店でも、頻繁に人事異動があるので、それに伴い歓送迎会も頻繁に開かれました。店の近所の飲み屋なら、車で行くことはありませんが、車で行かなくてはならないような、山間部の旅館の宴会場でやることもしばしば。その場合、バスも出るのですが、仕事の都合で遅れる人や、2次会にも出たい人は、自分で運転していきます。
大概の人は、”車だから”ということで、多少は抑えて飲みますが、中には、泥酔しないまでも、なんとか自分で歩ける程度まで酔う人もいます。そうなると......

自分で車を運転して、帰るか、2次会に出ます。

そのため、事故も結構ありました。駐車場で、バックに失敗して、他の人の車に当てて、長い間もめたり、電柱に衝突して、全治2ヶ月の怪我を負うなど........。


そんな事が、頻繁に起こったので、法改正で飲酒運転の罰則規定が強化された時、会社では、飲酒運転は一切禁止になりました。もし、検挙、事故が起こったとき、即解雇となります。
他の企業さんでも、実際に、飲酒運転して事故を起こした社員が、同乗者(同じ会社の人間)もろとも解雇されました。


飲酒運転して、人生狂わすなんて、馬鹿馬鹿しいと思いません?。


お盆過ぎに、夜間補充の女性パート(50歳)が入ったのだが、昨日辞めた。
理由は、あまりにもへタレな理由なのだが、

「重いものがもてない....。」のである。


基本的に補充するものの中には、醤油(1ケース15kg)だの、砂糖(1袋20kg)だのと、結構重いものが多い。
そういったものを補充するのだから、当然のことながら、屈強の海兵隊員のようなガタイのいい、人間が求められる。ちなみに、私の妻は、商品の補充パートをやっていたのだが、太っていないのに、プロレスラーのような腕っ節をもっていた。そのため、結婚衣装の衣装合わせのとき、スタイリストから、

「いったい、どんな仕事をされているのですか?。」

と驚かれたことがあった。

それはさておき。先日、本部から教育担当がきて、彼女に指導した時にわかったのだが、醤油のケースが持ち上がらないらしい。

「この人じゃ、キツイのじゃないの?。もしかしたら、採用しないほうが......。」

と、教育担当者は、我々に言い残した。

我々に、衝撃が走った。

「醤油が持てない!?、はぁ( ̄○ ̄;)?。」

今まで採用した人間の中に、そんな人間が入ったことは、ただの一度もない。いったい、彼女は、夜間補充に、どういうイメージを持っていたのだろうか?。我々は、常にガタイのいい御婦人を求めているのだが、そうそうそんな人がくるわけではない。まあ、募集に応じた人を店長が面接して、とりあえず採っておこうか...と言う感じなのである。

我々は、応募者が、”体力的にキツイ、ガテン仕事だと知っていてくるものだ"と思いこんでいたのが誤算だった。

実際、彼女が働き始めてから、随分色々な事が分かった。

「少しでも、自分では重いと感じたものは、補充しない。」
「先輩パートが、指示をだしても、”私は、できません。”と返されることが多い。」
「ばら撒き(補充前に、通路に商品をばら撒く)ができない。」
「補充中、商品をのんびり眺めている。」
「口ばかり達者」

要するに、全然ダメということ。

さすがに、クビにしようかと思っていたところ、朝、連絡があった。

「朝から、腕が全然上がらないんで、辞めさせてください。」

一も二もなく、即座に了承。厄介払いが出来た。

次回は、キチンとテストしてみてから採用しないとな.......。

 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。