Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2006-07|12345678910111213141516171819202122232425262728293031|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、ゴールデンゴールズの解散を表明した欽ちゃん。
昨日行われた試合で、萩本欽一監督は、正式に、茨城ゴールデンゴールズの解散撤回を表明。試合は敗れたものの、これからも、野球を続けられる喜びで一杯だった様子。

それにしても山本は、自分の犯した行為が、ここまで波紋を広げるとは思いもしなかったと思う。所属事務所解雇は仕方ないとしても、自分が所属した球団までも、解散の危機にあったということは、自分の影響力というものをそこまで大きいものだと認識してなかったきらいがある。

そもそも、この球団が、萩本欽一というお笑いの大御所的存在によって始められたところから、クラブチームでありながら、多大な注目を浴びている。山本本人も、レギュラー番組を多数抱え、主演TVドラマも放映が予定されている。
一般人はもとより、球団の他の選手、スタッフ、レギュラー番組、ドラマのスタッフ、出演者、所属事務所の方々、先輩、後輩、何よりも、一番影響を受けた、相方の加藤浩次氏に対しての損害というものは、計り知れない。

山本のように、芸能人して注目を浴びている人間は、ある程度行動を律しなければならない。
スポンサーサイト


昨日、昭和天皇が昭和50年以来、靖国参拝を取りやめた理由を記したメモが公表された

このメモの持ち主は、昭和天皇が崩御される1年前に宮内庁長官だった、故 富田朝彦氏。富田氏は、昭和天皇の会話をメモに書き留めていたとのこと。その中の1988年4月28日付けのもの。この日は、昭和天皇の誕生日の前日であり、最後に迎える誕生日でもあった。

共同通信が公表したメモの抜粋。

私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡、白鳥までもが、
 筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
 松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と 松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている
 だから 私あれ以来参拝していない それが私の心だ


ほんと、この話がわかったとき、昭和天皇は、実にはらわたが煮えくり返るような思いだったろう。もちろん、昭和天皇にも、戦争責任は、あると、私は考える。それは、本来やってはいけないことかもしれないが、国民の代表たる、内閣の決めた開戦の決定に、ひと言

「よせ。」


がいえなかったことだろうと思う。平時ならそれでもいいが、軍隊の統帥権が、勝手に一人歩きしてしまっている時勢を考えた場合、あくまでも、軍の統帥者たる、陛下本人が ~例え、命を賭しても~ 軍の暴走を止めなくてはならなかった。


正直な話、自分の事しか考えない小泉首相のような人間には、昭和天皇のように、戦前、首相として、国を戦争に導いた東條英機を初めとするA級戦犯、松岡洋右、白鳥敏夫のように、日独伊三国同盟という国家的失策を犯した外交官に、煮え湯を飲まされたような体験がある人間のことは、理解できないだろう。

個人の心の問題。」
で片付けているくらいだから。



あの、スパークリングコーヒー

みなさん、コレを試したことはありませんか?。私、リプトンのスパークリングティーは、飲んだことはあるのですが、あまりの評判の悪さに、二の足を踏んでいたところです。

昨日、家族をつれて、近所の公園に行った時の事、のどが渇いたので、自販機にいったところ......ありました!。あの、ネスレ、スパークリングカフェ!!。

ああ、とうとう見付けてしまったよ......。

すかさず妻、面白がって、

「パパ、飲んでみたら?。」

ええっっ、(・_・;)......マジ!?。

あの悪評を知っている私、さすがに......手が伸びてしまいました。
怖いもの見たさですね。

おそるおそる飲んでみると......想像よりも違和感がないです。コーヒーそのものは薄めの加糖ブラックといった感じで、軽く炭酸が入っているといったもの。個人的には、不味くないです。
世の中には、ジョー○アのビタ○テイ○トや、ルー○のインス○レーションという、無理やり焦げた感じを出した、飲むに耐えない不味いコーヒーもあるので、商品的には、夏限定で、アリでしょう。

ただ、難点は、280mlもあると、途中で飽きてきます。リプトンのスパークリングティーは、結構薄めのレモンティーに炭酸をつけたものなので、ゴクゴク飲めますが、薄めとは言え、コーヒーって、基本的に、味が強いですよね。料理でも、味が濃いものは、途中で嫌になるのと一緒ですね。せいぜい、220mlぐらいがいいところかな.....。

総評不味くはないが、ゲテモノ扱いされるきらいがあるので、来年は無理でしょう。せいぜい、100円均一で、2缶100円ぐらいで売られるのが関の山といった感じ。




中田英寿が引退表明して、萎え萎えな私....。

こんな時、からだにをいれなくてはなりません。

そこで、ブラジル製のコレです。

ガラナ アンタルチカ
ガラナ アンタルチカ 限定ロナウド缶。

日本では、荒井商事が輸入してます。W杯だということで、ウチの会社でも入れたのでした。限定のロナウド缶。もっとも、なじみがないのか、あんまり売れてませんでしたが。
こんなもん飲んでいるから、やせろとか言われるんだ!なんてね。


ガラナ入りの飲料ですと、たとえば、ペプシレッドとかありますが、こっちの売れ行きも......アレですが。

とりあえず飲んでみます。アレ、存外に飲みやすいではないですか。ちょっと薄めのコーラといったところ。駄菓子屋のコーラ味のジュースに炭酸着けた感じ。でも、結構いけます。後味は微妙に辛いですが、嫌味ではないです。全部飲んだ時、微妙な辛味が長く残りますが、疲れが取れ、体調が良くなってきました。
ガラナは、ムクロジ科のツル科の植物。種子からアルコール抽出したエキスは疲労回復や興奮剤、強壮剤として使われます。

ガラナドリンクで嫌な目にあったことのある方、これはいかがでしょうか?。販売店は全国にあるみたいですが、少ないです。ただ、HPに、販売店一覧があります。気が向いたら、行って見てはいかがでしょか?。



他の方のレビュー・・・・・AKAIさん







 | HOME | 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。