Turn the page

広告の裏にでも書くようなことを書くブログですね。

«|2017-09|123456789101112131415161718192021222324252627282930|»
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「UDONブーム?、来るでしょう!!。」

ホントかよ、ユースケ......というわけで、ユースケ・サンタマリア主演の映画、「UDON」とのコラボカップうどんのレヴューです。

20060825033424.jpg


このカップうどんは、一応讃岐うどん風と銘打っておるのですが、一体、同じマルちゃんの”赤いきつね”と、どうちがうのでしょうか?。


揚げが、非常にでかいです。


まず、具ですが、油揚げが、メチャクチャ大きいです。カップめんでは、過去最大です。というわけで、心持、麺が少ない気がします。あと、讃岐うどんと言うことで、刻みねぎ少々。


食べてみると、味自体も、麺も、”赤いきつね”と、そう違いは見つけられません。ただ、揚げのボリュームには、感嘆します。一口では食べられません。これは、評価できます。

そういったものに、魅力を感じる方、お勧めです。


スポンサーサイト


あの、スパークリングコーヒー

みなさん、コレを試したことはありませんか?。私、リプトンのスパークリングティーは、飲んだことはあるのですが、あまりの評判の悪さに、二の足を踏んでいたところです。

昨日、家族をつれて、近所の公園に行った時の事、のどが渇いたので、自販機にいったところ......ありました!。あの、ネスレ、スパークリングカフェ!!。

ああ、とうとう見付けてしまったよ......。

すかさず妻、面白がって、

「パパ、飲んでみたら?。」

ええっっ、(・_・;)......マジ!?。

あの悪評を知っている私、さすがに......手が伸びてしまいました。
怖いもの見たさですね。

おそるおそる飲んでみると......想像よりも違和感がないです。コーヒーそのものは薄めの加糖ブラックといった感じで、軽く炭酸が入っているといったもの。個人的には、不味くないです。
世の中には、ジョー○アのビタ○テイ○トや、ルー○のインス○レーションという、無理やり焦げた感じを出した、飲むに耐えない不味いコーヒーもあるので、商品的には、夏限定で、アリでしょう。

ただ、難点は、280mlもあると、途中で飽きてきます。リプトンのスパークリングティーは、結構薄めのレモンティーに炭酸をつけたものなので、ゴクゴク飲めますが、薄めとは言え、コーヒーって、基本的に、味が強いですよね。料理でも、味が濃いものは、途中で嫌になるのと一緒ですね。せいぜい、220mlぐらいがいいところかな.....。

総評不味くはないが、ゲテモノ扱いされるきらいがあるので、来年は無理でしょう。せいぜい、100円均一で、2缶100円ぐらいで売られるのが関の山といった感じ。




中田英寿が引退表明して、萎え萎えな私....。

こんな時、からだにをいれなくてはなりません。

そこで、ブラジル製のコレです。

ガラナ アンタルチカ
ガラナ アンタルチカ 限定ロナウド缶。

日本では、荒井商事が輸入してます。W杯だということで、ウチの会社でも入れたのでした。限定のロナウド缶。もっとも、なじみがないのか、あんまり売れてませんでしたが。
こんなもん飲んでいるから、やせろとか言われるんだ!なんてね。


ガラナ入りの飲料ですと、たとえば、ペプシレッドとかありますが、こっちの売れ行きも......アレですが。

とりあえず飲んでみます。アレ、存外に飲みやすいではないですか。ちょっと薄めのコーラといったところ。駄菓子屋のコーラ味のジュースに炭酸着けた感じ。でも、結構いけます。後味は微妙に辛いですが、嫌味ではないです。全部飲んだ時、微妙な辛味が長く残りますが、疲れが取れ、体調が良くなってきました。
ガラナは、ムクロジ科のツル科の植物。種子からアルコール抽出したエキスは疲労回復や興奮剤、強壮剤として使われます。

ガラナドリンクで嫌な目にあったことのある方、これはいかがでしょうか?。販売店は全国にあるみたいですが、少ないです。ただ、HPに、販売店一覧があります。気が向いたら、行って見てはいかがでしょか?。



他の方のレビュー・・・・・AKAIさん







コカコーラ・シトラ
♪コッカコーラをのも~よ。
というわけで、今回は、コカコーラの新商品、コカコーラ・シトラ。5月30日に発売したこの商品。コカコーラ・レモンの後継ですね。
ですが、どういうわけか、味は、ペプシ・ツイストだよな.....これ。結構いけるのですがね。
そう、炭酸のきめの細かさも含めてそういう印象。柑橘系のフレーバーを持っているコーラというものは、やはり似てしまうものなのでしょうか?。って、いうか、ボトルも缶だし....。


これは、試飲缶ですが、製品版もこんな感じでしょう。

実は、まだ発売前ですが、アサヒの新製品、”ぐびなま”の試飲缶がきました。実際、アサヒさんが、試飲缶を店内で配ってましたので、レビューしてもいいでしょう。
アサヒは、ビールにおいては、トップシェアを誇るのですが、どうにも、第三のビールにおいては、期待はずれな販売に終始しています。最初に出した”新生”は、他に比べパッケージが地味すぎたのが災いしてかすぐに、現行の”新生3”に移行。結構CMも入っていたのですが、どうにもCMも、この”3”というのも解りづらく、パッケージも、また地味というのもあってか、ライバルのキリン”のどごし生”の10分の一(当社では)しか売れていません。
そこで、起死回生の一撃として、この”ぐびなま”を投入するわけです。今回は、発売前から、試飲缶プレゼントキャンペーンをネットと店頭で実施、とにかく飲んでもらって、買ってもらおうという、意気込みを感じます。
で、肝心な味ですが、同じアサヒの発泡酒”本生”と変わらないくらい、飲みやすいです。コンセプトの、”ふわりとしたのみごこち”は、実現されていると思います。苦味は、かなり少なく感じるというか、薄いかな.....?。夏の暑い日、一気にグビっと飲める感じ。ですが、それが物足りなくも感じる部分でもあります。そこが、”本生”との差ですね。キリン系のビールに慣れた方は特にそう思われるでしょう。
アルコール度は5%。ですが、微妙に、メチルアルコールを感じます。基本的に、ホップと、糖類、酵母エキスで出来ている、いわば”合成酒”。そこが限界ですかね。
ビールが買えなくても、まあ我慢ができるかな?、と言う感じ。売れるかどうか?まあわからないですね。



More »



 | HOME |  NEXT »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。